基本的な構図について知っておこう

写真を撮るうえで重要になるのが構図。被写体をあるべきところにおさめる知識ですので、いい写真を撮りたいのであれば知っておいて損はない知識です。ただ掘り下げると色々な構図のとり方があり、複雑なので今回は基本中の基本、三分割法を紹介します。

そもそも構図ってなに?

三分割法の紹介の前に、そもそも構図とはなんなのか。構図とは被写体を写真という枠組みのなかにどのように配置するか、というもの。さらにいえば中心的な被写体だけでなく、同時に撮影するものの位置や背景をどのように配置するのかどうか、ということです。極端にいえば写真のなかのバランスがどうとるか、といったニュアンスになりますね。その構図のとり方次第で見る人がいい写真だと感じたり、ダメな写真だと感じるのです。

ただ写真の場合、たいていの人が「素敵だ」と思う構図のパターンがいくつか存在しています。そのためそのパターンにさえ当てはめてしまえば、そこそこいい写真が撮れるようになるのです。なので知っているのといないのとでは、写真の出来栄えに大きな差が出てきます。

三分割法をマスターしよう

では写真を撮るうえでいい構図だといわれている、もっともポピュラーなものを紹介します。それが三分割法。考え方としては写真としておさめる四角い枠を縦と横、それぞれ三分割します。そうすると全部で9個の小さな四角ができますね。その線が交差する場所に被写体や、サブとなるものを配置していく、という方法です。

例えば太陽と海の写真を撮る場合、いちばん下の横の線に水平線をあわせ、太陽を右上から左上、どちらかの交差点に配置します。厳密には交差する場所にピンポイントにあわせるのですが、自然のものが相手なので大体で構いません。そうすると何も意識せず撮影したときより、なんとなくしっくりくる写真が撮れるはずです。

また鳥などの動物を撮影するなら、左下か右下の交差点に主役となる動物を配置。視線を斜め上の交差点にあわせるように撮影すると、写真がグッとリアルな印象に。コツとしては主役の被写体となるものを、真ん中ではなく少しずらして配置すること。線が交差する場所に配置しようとするとどうしても真ん中からは外れますので、それを意識するといいでしょう。また最近のデジカメだと、設定で三分割した線を液晶モニタに表示させる機能がついている機種もありますので、機能がついているならぜひ取り入れてみてください。

あわせて知っておきたい引き算の構図

よく写真について語られるとき、写真は引き算だ、という話を耳にしたことはないでしょうか。写真は四角い枠のなかにうつしたいものをおさめなくてはいけないため、1枚のなかで表現するには限界があります。あれもこれもと盛り込んでしまうと、結局何を撮りたかったのかがわからなくなってしまうのです。そのためできるだけ被写体以外のものは排除するのが、いい写真を撮るには欠かせません。

具体的にいうと、被写体となるもの以外をぼかしてしまうのです。例えば目の前で道路に寝転ぶ猫をメインで撮影するなら、猫の顔にピントをあわせ、体から向こうはぼかしてうっすらとしかわからなくしてしまいます。そうすると猫の表情がしっかりと強調され、何を撮りたかったのかをしっかりと表現できるのです。

引き算の構図をしっかりマスターするには、まず被写体をしっかり決めることが大事。とくに風景を撮るときは、何を撮るのかしっかり決めるようにしましょう。近い距離から撮るならば枝や木、1本だけ抜き出すように撮ると美しさがより強調されるはずです。

このように構図はとても奥が深く、被写体が1センチずれただけでも見る側に与える印象は大きく違ってきます。もちろんあまりに構図にとらわれすぎると教科書通りのおもしろみのない写真ばかりになってしまいますが、知っていると写真の出来栄えにかなりの差が出てくるでしょう。写真を撮ることになれてきたら、ぜひ構図も考えつつ撮影をしてみてください。

PAGETOP