遊びながら、楽しみながらメタボ改善・予防をしよう!

「最近お腹が出てきたな」と悩んでいる中年男性はとても多いことでしょう。若いころと違って食べたら食べた分だけ脂肪がつき、なかなかとれないのがシニア世代。若き日のスタイルを取り戻すために、体を動かす趣味を見つけてみましょう!

痩せにくいのには理由がある!

ぽっこりお腹のビール腹、ぶにゅっとつまめる腹回りの浮き輪のような贅肉。中年のほとんどが、「昔に比べて太ったな」と感じているはずです。若き日は多少食べすぎてもそれほど太ったりはしませんでしたよね。歳を重ねて40代をすぎると、食べたら食べた分だけ、むしろ食べてなくても太ってしまうものです。中年になると筋力が低下して脂肪の燃焼効率が悪くなってしまうため、どうしても贅肉がつきやすくなってしまいます。若いころにくらべて体の柔軟性が失われているのも原因のひとつです。筋肉が固まっていると自然と動きが小さくなります。柔らかかった20代と同じ動きをしても脂肪が燃焼しにくくなってしまうわけです。運動量自体が変わってなくても、痩せにくくなっているのはそんな理由もあったりします。

メタボは放っておくと危険!

ある程度の中年太りは仕方のないこととはいえ、放っておくと体に悪影響をおよぼします。たとえばシニア世代で最も問題視されているのがメタボリックシンドロームです。内臓や心臓まわりに脂肪がついてしまい、血管への負担により様々な病気・生活習慣病などをもたらしてしまいます。40歳以上男性の2人に1人がメタボと言われていて、ウェストが85cm以上の場合は要注意です。
メタボを放置したままでいると、多くの問題が生じます。たとえば血行不良から心臓への負担も増大します。命の危険すらあるわけです。性機能の低下も可能性がでてきます。40代以上の男性の5人に1人はEDといわれ、その多くが生活習慣病が関係しています。「歳だし、太っていても仕方ない」という考えのまま放置してしまうと、いろいろな問題を迎えることになってしまうわけです。

楽しみながら、自然に痩せてみましょう!

運動不足を解消し、メタボ中年から抜け出すために趣味のひとつとしてスポーツをはじめることをおすすめします。肥満体型から脱出するためには定期的で長期的な運動が必要です。ただ体を動かすだけでは飽きてしまうこともあるかもしれません。「興味のあること」であれば、「義務感」がなくなり純粋に楽しめるはずです。趣味としてエンジョイできればムリなく続けることも簡単というわけです。

若き日のスタイルを取り戻したい、ビール腹をなんとかしたい……「けど、どうにもできない!」。メタボ中年はいつだってジレンマと戦っています。悩んでいるばかりでは解決はしません。まずはちょっとでも興味のあるものを探して、エンジョイすることからはじめてみましょう。趣味としてスポーツをただ楽しむだけで、いずれきっとメタボも解消しているはずですよ!

PAGETOP