来るもの拒まず、で経験を積もう!

「女性にモテない、だから場数を踏めない」そう思い込んでいませんか?どんな人でも必ずモテるのです。モテないのは理由があります。

思い込みから好意に気づかない

女性は露骨に好意を表現できません。もともと女性は受け身にできているもの。その好意に気がついて誘って欲しいのです。また、最初から大きな好意を抱くことはまれで、「ちょっといいなあ」くらいがたくさんあるのが女性なのです。そこから付き合うに発展するには誘って良さをアピールして、本当にいいなあに変えないといけません。その入り口である「ちょっとした好意」に気づくことが大切になるのです。

その好意の見きわめかたは「差別化」です。女性は好意を持っている男性に対して、2通りのパターンをとります。

1つは、ごくわずかですが、態度に差をつけるパターンです。話しかける回数が多い。向こうから話しかけてくる。プライベートな話をちょいちょいはさんでくる。他の女性と話していると少し不機嫌になる。これらはあなたを「ちょっといいなあ」と思っているサインなのです。ただし、ここで注意しなければならないのが「誰にでもフレンドリーな女性」の存在です。ちょっと特別感のあるようなことをいったり、ボディタッチしてきたりします。しかし、よく観察してみてください。それは誰にでもやっていませんか?女性の中にはモテることで自分の満足感を満たそうとする人がいます。それに引っ掛かってはいけません。たぶん「えー私はそういう風に思っていなかったー」と言われるのがオチです。差異があるかどうかを確認しましょう。

もう一つは「接触を極度に避ける」場合です。話しかけてもそっけない。視線を合わせない。なるべく距離をとりたがる。話しているときに怒ったようなしゃべり方をするなどです。「嫌われているのではないか」と思うような態度です。この場合、他の女性にリサーチしてみましょう。「うーんどうなんでしょうね」「それは言えませんよー」などと含み笑いしながら答えるようなら、あなたに気があるパターンです。「自分に聞かれても困ります」「本人に聞いてみたらどうですか?」と真顔で言われるならば、何かが原因で嫌われている可能性があります。含み笑いの場合、相手が照れているのが判るから「もう、コノコノー」という感じになるのです。女性の場合、気になる人の前であがってしまい、その姿を見られたくなくて相手を避ける、というパターンも多いのです。

相手を選ばない

相手を選ばないのがポイントです。たとえ好みのタイプでなくても付き合うことが大切。経験になるからです。どんな時、女性は楽しく感じるのか、嫌がるのことは?怒っているのをなだめる方法は?それぞれ思い切りためすことができるのです。自分に好意を持っている女性なので、難易度も低いです。又、タイプではないので失敗しても大丈夫という安心感もあります。まずは経験を積みましょう。それによって女性に接するときのコツがわかり、いつの間にか女性にモテるようになっているでしょう。

セックスも同様です。女性ひとりひとり、まったく感じる部分が違います。それらを経験していくことはある意味楽しいものです。ココでも思い切り試せるのでいい経験になることまちがいなしです。ただし、相手に対する配慮を忘れないこと。女性のネットワークは想像以上に広いもの。たとえその女性と別れても、その人が「あの人、いい人だったなあ」と思い出されるような人を目指しましょう。まずは一歩を踏み出してみませんか?

PAGETOP