大人の塗り絵

日本人の余暇の過ごし方は、テレビを観ることが圧倒的に多いことで知られています。他には買い物や家族となんとなく過ごすなど、脳を休ませる傾向にあります。仕事でかなりのエネルギーを要する為休日はエネルギーを温存しておきたい気持ちもわかりますが、脳の偏った使い方を続けていると、ストレスに対する抵抗力が弱くバランスが乱れた脳になってしまいます。

ストレスの自覚症状がないまま過ごしている人も多いのが現状ですが、放置していると生活習慣病や精神疾患の発症リスクが高まります。そういった事態を回避する方法の1つとして、自分に合う趣味を見つけてそれに打ち込むことも人生において非常に重要な役割を果たすと言えます。

自分に合う趣味を見つける為にも色々なことにチャレンジしていきましょう。そうして見つけた趣味は脳の活性化に繋がり老化を予防するだけではなく、豊かな人生へと導いてくれますよ。まずは自宅で簡単にできることから始めてみましょう。

ここ数年、フランスでは大人の塗り絵が大流行しています。手軽に始められて安価というだけではありません。単純な作業と仕上がった時に得られる達成感によって、ストレスが発散されて脳の活性化も促進すると言われているのでおススメです。

大人の塗り絵の効能

大人の塗り絵の効能としましては、アートセラピー効果によるストレスの解消、脳の活性化や五感の活性化などがあげられます。また、無心で塗り絵をすることによって集中力が高まりますし、自分なりにイメージを広げて複雑な模様に好みの色をつけることでリラックス効果も期待できます。

アートセラピー

アートセラピーという言葉は聞き慣れない方も多いかと思いますが、芸術を通して行う精神療法のことで、主にカウンセリングの現場で用いられています。芸術を通して自己認識を高めることを目的としていて、ストレスやトラウマにしっかりと向き合う力を養うことができるようになります。

絵が下手でも構いません。人に見せなくてもいいので、自分の手を使って好きなように色を塗っていってくださいね。アートを通して、本当の自分自身に触れてみましょう。

かつては塗り絵と言えば子供の遊びというイメージですが、今は違います。塗り絵そのものがおしゃれなアクセサリーという位置づけとなり、多くのイラストレーターやデザイナーの関心を集めています。高級ブランドエルメスからは、豪華な衣装を着たきつねや魚などの24枚のイラストが収められているLes4Mondes(レキャトルモンド)がでています。

また、フランスの美術館組合も芸術作品を塗り絵にしていて、有名なものとしましては、ジャン・コクトーの塗り絵帳があげられます。フランスの大人の塗り絵は日本でも購入することも可能ですし、パソコンからの無料ダウンロートも可能ですので、一度試してみてください。

このように、フランスで大人気の大人の塗り絵ですが、先駆けとなったのは日本人の絵本作家、五味太郎氏のLe livre de Gribouillage(らくがき絵本 五味太郎50%)なので、日本での注目度の高さもうかがえます。

まさか大人になってから塗り絵をするなんて思いもよらないことではありますが、子供の頃とはまたひと味違った楽しみ方や、塗り絵をすることによって得られる効能もとっても魅力です。気軽に始められる趣味ですので、ぜひ一度試してみてください。

参考サイトURL
http://www.artiro.com/arttherapy

PAGETOP