コンパクトデジカメから一歩踏み出そう

コンパクトデジカメで写真を撮ることに慣れてきたら、自分なりのこだわりのつまった新しい1台を検討してみてはいかがでしょうか。その際はいっそコンパクトデジカメから脱出し、よりきれいな写真の撮れるカメラにしてみるといいかもしれません。

本格派だけどコンパクトなミラーレスカメラ

コンパクトデジカメよりも本格的な写真を撮りたい。でも一眼レフのように大きく扱いにくいカメラを持つのはまだ不安、という人にはミラーレスカメラがおすすめです。ミラーレスカメラもデジタルカメラのひとつで、端的にいえば一眼レフカメラのコンパクトバージョン。一眼レフには光学ファインダーとミラーボックスが内蔵されています。この2つによって家庭用のデジカメなどより色鮮やかで、きれいな写真がとれるのですがどうしても大きく、カメラ自体も重くなりがち。

そこでその2つを取り除いたのが、ミラーレスカメラの最大の特徴。そのため基本的な構造は、コンパクトデジカメとあまり変わりません。コンパクトデジカメとの違いはレンズが交換できること。これは一眼レフの大きな特徴であり、被写体によってレンズを使い分けられるメリットでもありました。さらに基本的な構造はコンパクトデジカメと同じですが、写りのきれいさにこだわっているのもミラーレスカメラの特徴です。コンパクトデジカメと同じように小さくて扱いやすいサイズながら、機能は一眼レフに近いという両者のおいしいとこどりをしたのがミラーレスカメラ、といわれています。ただまだミラーレスカメラ、と呼ぶための厳密な定義はできていません。先ほど紹介したような、両者のおいしいとこどりをしたカメラというぼんやりとしたスタンスはありますが、メーカーによって特徴は様々。自分の求める写真を撮るためにはどのメーカーがあっているか、探せることもおもしろさのひとつとなっているようです。

初めて購入するならおさえておきたいポイント

では実際ミラーレスカメラを購入する場合、どのようなポイントをおさえておけばいいのでしょうか。

・本体だけではなく、キットがおすすめ
ミラーレスカメラの場合、本体のみでも販売していますが大抵交換用レンズがついたキットも販売されています。キットにも種類があり、標準ズームと望遠ズームがセットになったキットが最初に購入するにはベスト。標準ズームレンズだけでも写真をとるのに困ることはありませんが、望遠ズームレンズがあればより撮影の幅が広がります。あとから買い足すよりも最初からキットで購入してしまった方が断然安く揃えられますので、今すぐ必要性を感じなくてもキットがあるならばぜひそちらを最初に検討してみてください。機種によっては望遠ズームではなく、別のレンズがセットになっているパターンもあるため、スタッフに聞いたりして検討するといいでしょう。

・動くものの撮影はするか
次のポイントは被写体をどのようなものにするかです。ミラーレスカメラの場合、動かないものに対しての性能はどのメーカー、機種でも大差ありません。しかし動くものが相手となった場合、結構な差が出てきてしまいます。そのため速く動くもの、例えば鳥などの動物が動いているときを撮影したり、スポーツ風景を撮影することが多いならぜひ性能の差に注目してください。オートフォーカスの早さを重要視すると、失敗が少ないはずです。スタッフに具体的に撮影したいものを伝えると、合った性能のものを紹介してくれるでしょう。

・重さ、大きさ
重さや大きさも、しっかりチェックしておきましょう。ミラーレスカメラは大きさが意外と極端で、コンパクトなものだと見た目はコンパクトデジカメとほぼ変わりません。逆に大きなものだと一眼レフにかなり近い場合もあります。もちろん大きさの違いは性能にも影響しますが、やはり自分が扱いやすい大きさで、負担にならない重さであることがベスト。機能にこだわり過ぎて大きく、重たいカメラを購入してしまうと腕が疲れてしっかりカメラを固定できずいい写真がとれないことも多いです。また大きすぎると持ち運びにも苦労するでしょう。どの大きさ、重さまで許容できるかを自分の目で見て確かめるようにしてください。

これだけでなく、ほかにも細々とポイントはありますがおおまかに紹介するとこのような部分になります。また交換レンズや電子ビューファインダーといった付属品が充実しているかどうかも、チェックしておくのがおすすめ。上達してくるとやはりもっと違う機能のあるレンズが欲しくなりますし、撮る写真の幅を広げるためには付属品も必要になります。同じメーカーでないと合わないこともあるため、その場で購入しないにしろ、チェックしておくと将来的に新たに買い直したりしなくてすむでしょう。カメラ選びは正直難しいですが、楽しさもあります。相棒となるような、お気に入りの1台をぜひ見つけてください。

PAGETOP