おすすめ撮影スポット、富士山編

写真を趣味にする人の多くが被写体とするのが、山をはじめとした風景ですね。新緑に紅葉、春は桜と四季折々、様々な顔を見せてくれる格好の被写体です。さらに撮影スポットも豊富で、都内でいうと高尾山や青梅の御岳山があるため足を運ぶ苦労もさほどありません。しかも山などの風景は初心者が撮影しても比較的画になりやすい被写体なので、満足感も申し分なし。

そこで今回は数ある山のなかでも日本一の富士山をきれいに撮れるおすすめスポットを紹介します。山梨県側、静岡県側とそれぞれあるため近い方に足を運んでみてはいかがでしょうか。

富士山の撮影スポット、山梨県側

・河口湖 円形ホール付近
富士山の撮影スポットの定番ともいえる場所です。川口湖の湖畔から撮影すると山頂までがきれいに写真におさまります。富士山の最大の魅力である、左右対称のきれいな稜線をしっかりと写真に撮ることができるメジャーなスポットでしょう。また春には桜、夏は青空、秋は紅葉。さらに冬は雪で白くなった富士山と、四季折々の表情が楽しめます。とくに春は河口湖の湖畔の桜から川口湖、富士山という素晴らしい1枚を狙えるかもしれません。

・忍野村
忍野八海で有名な忍野村も富士山撮影スポットとしては有名どころ。とくに内野、新名庄川辺りはきれいな富士山が撮れる場所として知られています。内野は夏の朝日に染まる「赤富士」と雪化粧した富士山が赤く染まる「紅富士」を狙えるスポットです。真っ赤に染まる富士山は写真におさめても素晴らしい光景ですが、自分の目で見るとまた圧巻なのだとか。写真好きとしては一度は訪れたいスポットのひとつでしょう。また新名庄川は田んぼと富士山というのどかな風景を撮影できるスポットです。富士山麓で水田はとても珍しいため、この2つのコラボレーションが撮影できるのはなかなかほかにありません。ほかにも山中湖の同友荘付近ではダイヤモンド富士を狙うことも可能です。

・本栖湖 中之倉トンネル付近
山梨県側の撮影スポットとして外せないのが本栖湖。湖岸から見える富士山は、左右の山に絶妙に挟まれ、素晴らしい構図を描きます。富士山を撮る人間なら一度は写真におさめてみたい、逆さ富士が撮れる場所です。少々富士山からは離れてしまっているため、天候によっては雲で見えないこともありますが、きれいに晴れた日には素晴らしい光景を撮影できることでしょう。

富士山の撮影スポット、静岡県側

・富士宮市 田貫湖
静岡県側の富士山撮影スポットといえば富士五湖もはずせませんが、田貫湖も隠れた名所となっています。農業用水を確保するための人造湖、ということもあり比較的静かななか撮影することが可能です。春と秋にはダイヤモンド富士が見られることでも知られていますが、あえて季節を外して訪れるのもアリ。人がほとんどいない静かなな水面の奥にたたずむ富士山は、厳かささえ感じさせます。

・静岡市清水区
清水区は県内でも有数の富士山撮影スポットとして多くのカメラマンを魅了する場所。三保の松原やさった峠、日本平といった個性的なポイントが集まっています。さらに北部の山間部は霧が発生しやすい特殊な地形をしているため、霧のなかに浮かんでいるような富士山を撮影することも可能です。さらに夕暮れ時に足を運べば市街の夜景とのコラボレーションも撮影できるでしょう。同じ場所からでも時間や日によって様々な表情を撮影することができる、とても魅力あふれるスポットです。

今回紹介した山梨県、静岡県以外にも長野県や神奈川県など撮影スポットは数多く存在します。慣れないうちはやはりこうした有名どころを回り、どう撮影すればきれいに撮れるか研究したりするのがおすすめ。慣れてきたら自分だけの撮影スポットを発掘するのもおもしろいかもしれませんね。季節だけでなく時間帯やそれこそ1日ずれただけで違う表情を見せてくれる富士山。ぜひ一度は撮影に足を運んでみてはいかがでしょうか。

PAGETOP